希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典
用語辞典一覧 > エルステッド
用語検索:
【エルステッド】
エルステッド(Oersted)、Oe
磁場(磁界)のCGS単位で、デンマークの物理学者ハンス・クリスチャン・エルステッドの名前に由来している。」
1820年デンマークの物理学者ハンス・クリスチャン・エルステッドは、ボルタ電池を使い電
流の実験をしていた際に、導線に電流が流れると、近くに置いた方位磁石が振れることを見つけ、“電流の磁気作用”を論文として発表し、世界中の科学者の注目を浴びた。なお、エルステッドは文学にも造詣が深く、同じデンマークの童話作家アンデルセンの良き理解者でもあり、生涯支援を惜しまなかったといわれている。
なお、エルステッドの功績により磁気の単位の一つとして、磁界を表す“エルステッド(Oe)“がCGS単位系で使われていましたがCGS単位系で採用されているが、現在はSI単位(A/m)が主力になってきている。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス