希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典
用語辞典一覧 > 磁界
用語検索:
【磁界】
磁場(Magnetic Field)、磁界
「磁場は、電気的現象・磁気的現象を記述するための物理的概念で、磁力線が存在する場所・空間を指し、工学分野では磁界ということもある。」
地球上には磁場(磁界)がある。この磁場は、永久磁石はもちろん、電流の流れる導線周辺にも存在する。磁場の単位はSI単位でA/m・アンペアパーメータ(CGS単位でOe・エルステッド)またはSI単位でT・テスラ(CGS単位でG・ガウス)で表す。
例えば、地球磁場は日本列島付近でおよそ24A/m(0.3 Oe)または0.00003T(0.3 G)となる。
単に磁場と言った場合は磁束密度 Bを表していることが多い。BとHを明確に区別する時はHのことを「磁場の強さ」と言う。BとHの単位はSI単位系でそれぞれWb/m2, A/m であり、次元も異なる独立した二つの物理量である。この項では一般的な磁場の性質、及び‘ H ’を扱うこととする。磁場は、空間の各点で向きと大きさを持つ物理量(ベクトル場)であり、電場の時間的変化または電流によって形成される。 磁場の大きさは、+1のN極が受ける力の大きさで表される。 磁場を図示する場合、S極からN極向きに磁力線の矢印を描く。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス