希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典
用語辞典一覧 > 同期モータ
用語検索:
【同期モータ】
同期モータ(Synchronous Motor)
回転子として電磁石または永久磁石を使用し、回転磁界と磁石の間に生じるマグネットトルクを利用するモータ。」
したがって回転数は同期速度となる。下図に同期モータの基本構成を示す。(a)が巻線界磁型、(b)が永久磁石型(ブラシレスDCモータ)である。巻線界磁型は、ブラシとスリップリングを通じて外部から回転子巻線に直流電流を供給するもので、鉄鋼圧延用モータなど大容量の分野で使われる。永久磁石型同期モータは、構成が簡単で効率も良いため、小中容量機の分野で多く使われている。このほか、突極構造の鉄心のみで回転子を構成するシンクロナスリラクタンスモータや、回転子に半硬質磁性材料を使用したヒステリシスモータなども同期モータに分類される。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス