希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

永久磁石の種類と分類
現在、工業的に使われている永久磁石を分類すると、おおよそ以下のようになります。
長い歴史を有する磁石や近年発明された磁石、またセラミックスに似たフェライト磁石、金属磁石、プラスチック磁石、ゴム磁石など、それぞれの磁石が色々な特徴を持っています。特に金属磁石の中の希土類磁石は、歴史は浅いのですが、現在最も磁力が大きく、ハードディスク、エアコン、ハイブリッドカー等に大量に使われるなど、最先端の応用が進んでいます。
なお下図で、当社NeoMagで取扱っています磁石(マグネット)には印が付いています。