希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

アルニコ磁石の製品特徴

【 アルニコ磁石の特徴 】

各永久磁石の強さ比較

(1)歴史の長い金属磁石でBrが比較的高い

※アルニコ磁石はアルミニウム、ニッケル、コバルト、鉄が主成分で、鋳造または焼結で製造される金属磁石です。

※Brが高く、10,000(G)を越える材質がほとんどです。

(2)温度変化に強い

※Brの温度係数が-0.02%/℃と最も小さく、可逆温度変化が小さい磁石です。

※Hcjの温度係数が600℃付近までほとんどゼロであり、高温度使用が可能な磁石です。

(3)外部磁場や機械的な衝撃で減磁しやすい

※Hcjの値が小さいために、外部の逆磁界(逆磁場)で減磁しやすいので注意が必要です。

※機械的な衝撃によりHcjが低下し易く、機械振動、衝撃には注意が必要です。

(4)形状に制限がある

※Hcjの値が小さいために、磁化方向の高さ寸法を大きくとる必要があります。

※形状によっては鋳型、金型による制限がありますが、寸法精度は研磨によって高いレベルに仕上げられます。

【 アルニコ磁石の主な用途 】

温度に対する安定性は抜群に良く、計器類を中心に根強い需要が残っています。例えば各ご家庭にある精算電力計の中にはこの磁石が使われています。

【 アルニコ磁石における当社の特長 】

標準品、在庫品のほか、一部のオーダーメイド形状が可能ですが、制限もありますのでご相談ください。

国内では入手が困難な磁石ですが、当社ができる限りご協力いたします。

製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ先 メールアドレス