希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

ラバーマグネット磁石の製品特徴
【 ラバーマグネットの特徴 】
(1)合成ゴムと磁石粉を混合した磁石
ラバーマグネット(ゴム磁石)はフェライト磁石粉末を合成ゴムと混合して成形したフェライトラバーマグネットと、ネオジム磁石の粉末を混ぜたネオジムラバーマグネットがあります。
(2)柔軟性があり、加工が容易
いずれも柔軟性があり、帯状、シート状の形状があります。切断、穴あけ等の加工が容易で、形状自由度が大きい磁石です。
(3)多極着磁が標準
フェライトラバーマグネット、ネオジムラバーマグネット両製品とも多極着磁が標準です。
着磁ピッチは5mmが一般的な仕様です。
(4)高温度使用には不向き
フェライトラバーマグネットは磁力が 弱いので、用途には十分考慮が必要です。なおゴム類の耐熱性が低いため、いずれのラバーマグネットも80〜100℃以上のような高温度使用には不向きです。
【 ラバーマグネットの主な用途 】
フェライトラバーマグネットは冷蔵庫のパッキン、若葉マークなどの各種ステッカー、建築材として窓やドアのサッシ部分などの根強い用途があります。一方、ネオ ジムラバーマグネットについては吸着用はもちろんのこと、センサー、小型モータ、磁気シールド、音響製品、健康器具など新しい用途が拡大しています。特に肉薄品、 複雑形状の必要な用途に向いています。
【 ラバーマグネットにおける当社の特長 】
フェライトラバーマグネットの標準品は帯状の製品のみになり、またネオジムラバーマグネットはシート状(薄板状)の製品となります。いずれのラバーマグネットの在庫品については、各種形状・寸法の製品を用意させていただいていますので、短納期でお届けできます。標準品以外のラバーマグネットについては、オーダーメイドとなりますのでお問い合わせください。