希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石と磁気についての実力診断
[問題1]
西暦1600年に「磁石論」を著したのは誰か?
カルダーノ
ゲーリック
ギルバート
平賀源内
[問題2]
極地で見られるオーロラの原因はどれか?
地球の地磁気と太陽光の屈折
地球の地磁気と太陽風
地球の地磁気と電離層
地球の地磁気と極地のオゾン密度
[問題3]
永久磁石の磁区観察でマグネタイト微粒子を使う古典的な方法はどれか?
ローレンツ法
バルクハウゼン法
ウェーバ法
ビッター法
[問題4]
ネオジムが持っている不対電子はどれか?
3s不対電子
3p不対電子
3d不対電子
4f不対電子
[問題5]
2-17系サマリウムコバルト磁石の主な含有成分はどれか?
Sm,Co,Fe,Al,B
Sm,Co,Fe,Cu,Zr
Sm,Co,Ni,Al,B
Sm,Co,Ni,Cu,Zr
[問題6]
希土類磁石の一般的な製造工程で大量に窒素ガスが必要な工程はどこか?
溶解工程
粉砕工程
成形工程
焼結工程
[問題7]
永久磁石は電子レンジ、気象レーダー、衛星通信等のマイクロ波通信に 役立っているが、どのような役割を持っているか?
マイクロ波を吸収する電波吸収材に使われる
マイクロ波を放射するアンテナの反射板に使われる
マイクロ波がもれないようにするシールド材に使われる
マイクロ波を発生させるマグネトロン発振器に使われる
[問題8]
図のような回路で、コイルAの自己インダクタンスが64[mH]、コイルBの自己インダクタンス が16[mH]であるとき、端子ab間の合成インダクタンスの正しいものはどれか? 但し、コイルA及びコイルBの結合係数kは0.5であり、相互インダクタンスMは、 M=k(L・L1/2である。
90[mH]
96[mH]
112[mH]
120[mH]
[問題9]
真空の透磁率μ0で正しいのはどれか?
2π x 10-6 (H/m)
2π x 10-7 (H/m)
4π x 10-6 (H/m)
4π x 10-7 (H/m)
[問題10]
次の減磁曲線を持つ磁石が、150℃でも熱減磁(不可逆減磁)を起こさないように するには、パーミアンス係数をどの程度にする形状にしたら良いか?
0.2以上
0.5以上
1.0以上
2.0以上
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス