希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

ネオマグトップ画像
  • ネオジム磁石

    ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石

    サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石

    フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度吸着力計算

    表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石選定ツール集

    磁石選定
    ツール集

    パーミアンス係数Pc、動作点の磁束密度Bd、トータルフラックスΦo、使用上限温度など即座に計算できます。

  • NeoMag通信

    毎月配信しているメルマガです。今月は「おもしろいロケットの科学」について特集中です!ロケットの基礎部分に関する各種情報をお届けします。

  • 磁石の歴史

    磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

  • 磁石の実力診断クイズ

    磁石の実力
    診断クイズ

    磁石や磁気に関する問題を多数ご用意いたしました。知らなかったことも、これで解決!チャレンジしませんか?

  • 磁石・磁気の用語辞典

    磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

製品カタログ
製品安全データシート
減磁曲線集

各種磁石の比較と選び方

お問い合わせ先 メールアドレス
[宇宙速報]最後の小型機「MINERVA-II2」を10月3日に分離
2019年10月3日掲載
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10月3日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの上空1キロまで接近し、表面に向け小型探査ロボット(ローバー)「MINERVA-II2」を放出したと発表しました。
 
「はやぶさ2」に搭載されていた4機のローバーのうち、最後に残ったローバーであり、「MINERVA-II2」は国内の大学連合チーム「大学コンソーシアム」によって開発されたローバーで、山形大学・東北大学・大阪大学・東京電機大学がそれぞれ開発した4種類のホッピング機構と東京理科大学が開発したカメラが搭載されています。
5日ほどかけて「MINERVA-II2」が表面に落ちるまでの様子を観測して、はやぶさ2の小惑星での仕事は全て終わります。地球帰還に向けた準備を進め、11~12月にリュウグウを出発します。
「MINERVA-II2」は、昨年9月にリュウグウに着陸し表面を移動しながら画像撮影などを行った2台のロボットと同型で最後の1台です。不具合が生じたため表面での観測活動は断念し、落下の様子を観察してリュウグウの重力を調べるミッションに切り替えました。
 
「MINERVA-II2」では打ち上げ前の最終組み立ての時点から、電源オン時にローバーのデータ処理系を正しく初期化できない不具合が生じていました。現在もこの問題が解消していないため、当初計画されていたリュウグウ表面でのホッピング移動や画像撮影といった探査活動は行えない状況でした。
 
そこで大学コンソーシアムでは、「MINERVA-II2」の機体を活用して有意義な成果を得る方法を「はやぶさ2」プロジェクトチームと検討し、「MINERVA-II2」を通常のローバー分離高度(数十m)よりも高い高度1km から分離して、リュウグウの周りを周回しながら落下する様子を「はやぶさ2」のカメラで追跡観測することにしました。ローバーの周回・落下運動を観測することで、リュウグウの重力場やリュウグウ内部の質量分布を高い精度で推定できるということです。また、小型の人工物を小惑星の周りに周回させる技術を蓄積し、将来の小天体探査ミッションのためのノウハウを得るという工学的な意義もあります。
この運用のために「はやぶさ2」は9月28日からリュウグウへの降下を始めており、10月3日の0~2時(日本時間)に高度1kmで「MINERVA-II2」のローバーを分離することとしました。
 
「MINERVA-II2」は「はやぶさ2」から秒速13〜17cmの速さでリュウグウの自転方向に放出され、1周約17時間でリュウグウを周回する軌道に入るとみられます。計算では、8周ほどリュウグウを周回しながら徐々に高度を下げ、分離から5日後の10月8日ごろにリュウグウ表面に着地する見込みです。一方、「MINERVA-II2」を分離した「はやぶさ2」は高度8~10kmまで上昇し、ここから「MINERVA-II2」の周回運動をカメラで追跡することになっています。
 
<はやぶさ2 に搭載されているローバー>
JAXAが開発した「MINERVA-II1」の「Rover-1A(イブー)」「Rover-1B(アウル)」は 2018年9月に、またドイツ・フランスが開発した「MASCOT」は同10月にそれぞれ分離され、ともにリュウグウへの着地と表面の移動、画像撮影に成功しています。今回分離される「MINERVA-II2」は1機のローバー「Rover-2」からなりま。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook