希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 磁気異方性エネルギー
用語検索:
【磁気異方性エネルギー】
結晶磁気異方性エネルギー(Magnetic Anisotropic Energy)、磁気異方性エネルギー、EA
結晶磁気異方性において、磁化する方向と磁化困難方向との磁化に要するエネルギーの差。」
結晶の方向によって磁化に難易が生じるのは,外部磁場がないときに磁化容易軸方向が最も内部エネルギーが低く安定しているからである。従って,磁化の方向を磁化容易軸方向から角度θだけ曲げようとすると,それだけエネルギーを与えなければならない。このように磁化の方向に依存する内部エネルギーを結晶磁気異方性エネルギーEAという.今,一軸磁気異方性を考えるとEAは以下のように表される。
   EA=K1sin2θ+K2sin4θ+K3sin6θ+・・・・・       
ここで右辺各項の係数K1,K2,K3・・・・は結晶磁気異方性定数と呼ばれる。最も単純な場合には第1項のみを用い,KUを一軸異方性定数として
   EA=KUsin2θ                  
で表す。この式は図3.5.2に示すようにθ=0の磁化容易軸方向のとき最小値EA=0となり, θ=±π/2の磁化困難軸方向で最大値を示す。またKUが大きいほど磁化容易軸方向と磁化困難軸方向のエネルギー差は大きくなる。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス