希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 磁気異方性定数
用語検索:
【磁気異方性定数】
異方性定数(Magnetic Anisotropy Constant)、磁気異方性定数、Ks
「永久磁石の保磁力(逆磁場に対する抵抗力)の大きさを左右する基本的な磁気の性質(異方性磁場)を決める定数。」
単磁区粒子理論における回転磁化機構では、異方性磁場HA、飽和磁気分極Jsとの関係は、
    HA = 2Ks/Js [A/m]
で表され、この式の定数Ksを異方性定数という。すなわち、大きな異方性定数を有する磁性材料は大きな異方性磁場を持ち、大きな保磁力Hcjを有する永久磁石になる可能性が高いと言える。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX