希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 渦電流
用語検索:
【渦電流】
うず(渦)電流(Eddycurrent)
金属板(アルミニウムなど)を強い磁界内で動かしたり、金属板の近傍の磁界を急激に変化させた際に、電磁誘導効果により金属内で生じる渦状の電流のことである。
これを利用しているものとしては、周囲の磁界の変化を打ち消す磁界(レンツの法則)が生じるように渦電流が流れる結果、物体の運動を抑える力を生じる事を利用した渦電流ブレーキ(家庭用電力計等)や、高周波の磁力線によって物体内に渦電流を発生させ、この電流によるジュュール熱を利用する電磁調理器などがある。また、モータや発電機、変圧器の鉄心において渦電流が発生した場合、鉄心の電気抵抗による発熱が原因でエネルギーの損失が生ずることを渦電流損と呼ぶ。これを防ぐため、鉄心には表面を絶縁処理した薄いケイ素鋼板などを重ね合わせたものが用いられている。
ネオジム磁石のような金属磁石も、モータなどでは磁界中で渦電流が生じて発熱することがあり、磁石を数多く分割する方法や、IPM(磁石埋め込み型)にする方法などで対策を取っている。次図はアルミニウム円板(アラゴの円板)上の渦電流によるブレーキ効果を利用した家庭用積算電力量計の構造である。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス