希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧M > MK鋼(MK Steel)
用語検索:
【MK鋼(MK Steel)】
MK鋼(MK Steel)、NKS鋼(NKS Steel)
MK鋼は1932年,東京大学の三島徳七博士により発明された、鉄・ニッケル・アルミニウムを主成分とする出硬化型の永久磁石である。この磁石はそれ以前のKS鋼の2倍の保磁力を有していまたが、この発明は磁石になりにくい材質(軟磁性材料)のパーマロイの研究中に加工屑が離れにくいことを見つけ、偶然に発見したといわれている。
1934年,本多光太郎博士は、さらにMK鋼の成分にコバルト、チタンを加え、析出硬化型のNKS鋼(新KS鋼)という高性能磁石を発明し、MK鋼と共に後のアルニコ磁石の基盤技術が完成した。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX