希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 核磁気共鳴
用語検索:
【核磁気共鳴】
NMR、核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance)
磁場中の原子が固有の周波数の電磁波と相互作用(共鳴)する現象。」
核磁気共鳴は外部静磁場に置かれた原子核が固有の周波数の電磁波と相互作用する現象で、核磁気モーメントを利用する。この固有の周波数が分子内でのその原子の環境によってわずかに変化する事を利用し、物質を分析する方法を核磁気共鳴分光法と呼ぶ。核磁気共鳴分光法のことも単にNMRまたはNMR法と略称することがある。このNMRの原理を応用した代表的な装置がMRI(核磁気共鳴断層撮影装置)である。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス