希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧B > Br
用語検索:
【Br】
残留磁束密度(Residual Flux Density)(Remanence)、Br
「B-H曲線上、外部磁場で永久磁石を磁化(着磁)した後、外部磁場ゼロの状態に戻したとき、永久磁石が磁束を漏れなく維持した場合の単位極面積当りの磁束量のことで、磁石の材質・グレードによって異なる値になるが、形状には左右されない。」
残留磁化Jrと同じ値を示し、下図の青色のB-H磁気履歴曲線(B-Hヒステリシスループ)において、磁場の強さをゼロにした場合に磁性体(磁石)に残っている磁束密度のことで、Brで表す。永久磁石ではこの値が大きいほど最大エネルギー積表面磁束密度も大きくなることが多く、強力な磁石になる。但し、表面磁束密度とは意味合いが異なるので注意を要する。単位はSI単位系ではテスラ(T)、CGS単位系ではガウス(G)を使うことが多い。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ メールアドレス