希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 磁荷
用語検索:
【磁荷】
磁荷(Magnetic Charge)
磁極が帯びている磁気の量であり、電荷に対応する仮想概念。単磁荷を仮定して磁気双極子を考え、クーロンの法則が適用される」。磁荷が発する場を磁場Hとする電磁理論を構成し、MKSA単位はウェーバ[Wb]。CGS単位はマクスウェル[Mx]。SI単位では、磁荷に相当する物理量は電子のスピンから生じるループ電流であり、これが磁場Hの発生源とする。
なお、磁極は磁性体の端部を指し、そこから磁束が外部に出入りすると仮定した部位のことである。電荷と電場のクーロンの法則を適用できるとする磁荷の発生部位とも言える。

製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX