希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 常磁性
用語検索:
【常磁性】
常磁性(Paramagnetism)
「常磁性とは、外部磁場が無いときには磁化を持たず、磁場を印加するとその方向に弱く磁化する磁性を指す。」
熱ゆらぎによるスピンの乱れが強く、自発的な配向が無い状態である。
強磁性反強磁性を示す場合でも、ある温度以上になると、スピンは互いにでたらめの方向を向くようになって常磁性を示すようになる。この温度を強磁性ではキュリー温度、反強磁性ではネール温度という。
常磁性の物質の磁化率(帯磁率)χは温度Tに反比例する。これをキュリーの法則と呼ぶ。
χ=C/T
比例定数Cはキュリー定数と呼ばれる。
常磁性と反磁性は外部磁場がゼロの時は同じようにスピンの向きはランダムであるが、下図のように外部磁場が印加されると、常磁性のスピンは磁場と同方向に、反磁性のスピンは磁場と逆方向に揃う。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX