希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > スレーター・ポーリング曲線
用語検索:
【スレーター・ポーリング曲線】
スレーター・ポーリング曲線(Slater-Pauling Curve)
「Fe、Ni、Co単体および、それとその周期律表周辺のV〜Znを種々の組成に合金させて、磁性を測定したもの。」
横軸には「原子1個当りの電子数」、縦軸には「絶対0度における原子1個当りの飽和磁気モーメント」をとってプロットしたものである。いくつかの分岐を持っているが、全体としてはきれいな山形でまとまっていて、何らかの法則性を感じさせる。これまで自然界に存在する強磁性材料の飽和磁束密度(Bs)はこのスレーター・ポーリング曲線に代表されるCoFe(70:30 at.%)の2.45Tが最大であった。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX