希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > Φオープン
用語検索:
【Φオープン】
全磁束量(Total Flux)、トータルフラックス、Φオープン
「磁石が発生している磁力線の総数であり、磁束密度が大きいほど、また磁石の磁極の面積が大きいほど全磁束量の値は大きくなる。」
磁束の1単位が1本の磁束(磁力線)を発生すると約束し、その単位をウェーバ[Wb]とする。CGS単位ではマクスウェル[Mx]となる。
磁石の動作点の磁束密度BdをT(テスラ)、磁極の面積をA(m2)とすると、
Φopen[Wb]=Bd[T]xA[m2]
磁石の動作点の磁束密度BdをG(ガウス)、磁極の面積をA(cm2)とすると、
Φopen[Mx]=Bd[G]xA[cm2]
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX