希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 単磁区
用語検索:
【単磁区】
磁区(Magnetic Single Domain)、単磁区粒子(Magnetic Single Domain Particle)
「多磁区構造からひとつの磁区に変化する。これを単磁区あるいは単磁区構造といい、その粒子を単磁区粒子と呼ぶ。」
磁区は磁性材料の中で立体的な組合せをして存在し、1つの磁区の内部は同じ向きの自発磁化(磁気モーメント)が並んでいる。磁区と磁区の境界は磁壁といわれていて、単に自発磁化の向きが異なっている磁区の境界に過ぎない。強磁性体は普通静磁エネルギーを下げるために、多磁区構造をとるが、磁性体の粒子を小さくしてゆくと、下図のように多磁区構造からひとつの磁区に変化する。これを単磁区あるいは単磁区構造といい、その粒子を単磁区粒子と呼んでいる。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX