希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 熱ゆらぎ磁気余効
用語検索:
【熱ゆらぎ磁気余効】
熱ゆらぎ磁気余効(Thermal Fluctuation Aftereffect)
「一定磁界中で、強磁性体磁化が時間とともに変化すること、または磁界の変化を与えた場合、うず電流に起因しない磁化の遅れのことを磁気余効と呼ぶが、強磁性体には可逆磁気余効(リヒター型または拡散型)と呼ばれるものおよび不可逆磁気余効(ヨルダン型または熱ゆらぎ型)の2種類が存在する。熱ゆらぎ磁気余効は磁化または磁気分極の熱ゆらぎに起因するものであり、緩和時間が幅広く分布し、アルニコ磁石のように、磁化または磁気分極の変化が時間の対数に比例することが特徴である。」
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX