希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > フェライト磁石
用語検索:
【フェライト磁石】
フェライト磁石(Ferrite Magnet)
「酸化鉄を主原料とした永久磁石で、現在世界で最も数多く使われている。安価、安定した磁気特性、錆びない、等の特長を有する。」
1930年、東京工業大学の加藤与五郎、武井武、両博士によりそれまでの合金磁石とは異なる原理のハードフェライト・OP磁石が開発された。両博士は酸化鉄を主成分とする各種フェライトを合成してその磁気特性を研究していたが、その過程でコバルトフェライトが優れた永久磁石になることを見出し、東京工業大学の所在地の大岡山とパーマネントマグネットの頭文字をとってOP磁石と命名した。フェライト磁石は合金磁石とは異なり、セラミックス(酸化物)であることと、強磁性の仲間の“フェリ磁性”であるということで大きな特徴を有していた。
その後OP磁石は、保磁力(Hcj)の割には残留磁束密度(Br)が低かったために大量生産には到らなかったが、その代わり、銅・亜鉛フェライトが鉄心に替わる磁心材料・ソフトフェライトとして脚光を浴び、世に送り出された。
その後、オランダのフィリップス社により、1952年OP磁石の性能を上回るバリウムフェライト磁石が開発され、フェライト磁石が工業用磁石として世界に躍り出た。さらに、1961年アメリカのウェスチングハウス社により一回り特性がアップしたストロンチウムフェライト磁石が発表された。いずれもマグネトプランバイト型といわれる六方晶の結晶構造を有し、フェリ磁性を示す永久磁石であった。
これらのフェライト磁石は原料が比較的安価なため世界中で実用化を競い合ったが、各種生産技術を駆使して工業用磁石として大量生産を成功させたのが、TDK(当時の東京電気化学工業株式会社)を始めとする日本のメーカーであった。その後のエレクトロニクス時代のニーズにマッチしたフェライト磁石は合金磁石の生産量をあっという間に上回り、現在でも世界で最も数多く利用されている磁石となった。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX