希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > ラジアル異方性
用語検索:
【ラジアル異方性】
ラジアル異方性(Radial Anisotropy)、ラジアル配向
「円柱型やリング型、C型(セグメント型)で、円の(仮想)中心から放射状に着磁し易くする製法のこと。」
焼結磁石の成形の際に、下図のように磁場配向を円柱型またはリング型の中心から放射状の方向に配向(異方性化)させたもので、磁石の放射状方向に強く磁化(着磁)させることができる。
ラジアル異方性の場合、着磁の仕方で磁石の磁極数や着磁パターンが調整でき、多極化やスキュー着磁によるコギングトルクの調整などが行える。またモータロータへの組立ても一般に容易であり、モータ製造コストが削減される。しかし磁石製造上の観点からは、ラジアル磁石は工程が複雑で生産効率や歩留まりが悪く、コストは上昇する。また、モータロータにおいて磁極の変わり目、すなわち磁束を発生させていない部分にも磁石材料が使われているので、セグメント磁石で製作する場合と比べて、使用する磁石重量が多くコストアップ要因となる。
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX