希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

磁石・磁気の用語辞典(用語解説)
用語辞典一覧 > 動作点の磁束密度
用語検索:
【動作点の磁束密度】
動作点(Load Point) 、動作点の磁束密度(Magnetic Flux Density on Load Point)、Bd
「動作点(Load Point)とは磁石の形状(寸法比)によって決まるパーミアンス係数によって、B-H減磁曲線との交点として決まる点の座標(Bd,Hd)であり、その点での磁束密度を動作点の磁束密度(Bd)という。」
B-H曲線上の動作点の位置によって、磁気回路における磁束密度や磁石の安定性が推測できる。したがって、パーミアンス係数が高いほど、動作点の磁束密度(Bd)は大きな値となる。パーミアンス係数が無限大であれば原理的には、
動作点の磁束密度(Bd)=残留磁束密度(Br)
となる。また、
動作点の磁束密度(Bd)[Gauss]x 磁石の断面積[cm2]
                = 全磁束量(トータルフラックス)[Maxwell/Mx]
動作点の磁束密度(Bd)[Tesla]x 磁石の断面積[m2]
                            = 全磁束量(トータルフラックス)[Weber/Wb]
という関係になる。

製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
₢킹 [AhX