原子力発電」カテゴリーアーカイブ

[原子力発電] 電力各社、核燃料貯蔵能力を向上−原発再稼働に備え

[日刊工業新聞電子版2015年11月24日配信] 全国の原発には約1万4000トンの使用済み核燃料が保管されている (東京電力・柏崎刈羽原発の使用済み燃料プール) 原子力発電所の再稼働が今後本格化するのをにらみ、電力各社 … 続きを読む

カテゴリー: 原子力発電 | コメントする

日本の原発比率「40 – 50%に」 世界原子力協会のリーシング事務局長

[産経ニュース2015年9月17日配信] インタビューに応じる世界原子力協会事務局長のアニエッタ・リーシング氏=東京都千代田区(川口良介撮影) 来日中の世界原子力協会のアニエッタ・リーシング事務局長は17日、産経新聞のイ … 続きを読む

カテゴリー: その他, 原子力発電 | コメントする

[原子力発電] 放射線リスクの伝え方 フクシマから学ぶ欧州

[日本経済新聞電子版2015年7月06日配信] 編集委員 滝順一 東京電力・福島第1原子力発電所の事故の教訓をどう生かすか。とくに放射線の健康リスクの伝え方に関して日本の失敗から学ぼうと欧州の研究者が中心になって議論する … 続きを読む

カテゴリー: その他, 原子力発電 | コメントする

[原子力発電] 期待の次世代原子炉 中国に追い越される日本

[日本経済新聞電子版2015年6月29日配信] 安全・高効率と期待され、水素製造などに使える次世代原子炉「高温ガス炉(HTGR)」の商用化に向けた開発で、日本は中国に先行された。インド ネシアでも高温ガス炉の商用化計画が … 続きを読む

カテゴリー: 原子力発電, 技術, 開発 | コメントする

[核変換] 核のごみを無害化 「常温核融合」の遺産を利用

[日本経済新聞電子版2015年6月15日配信] 有害な放射線を何十万年も出し続ける「核のごみ」などを、無害な別の物質に変えてしまう「核変換」。東京電力福島第1原子力発電所の廃炉処理にも 役立つと期待されるが、実現には大が … 続きを読む

カテゴリー: 原子力発電, 技術, 核融合, 水素, 開発 | コメントする

[原子力発電] 注目高まる安全な原発 日本がトップ独走

[msn産経ニュース電子版2014年8月25日配信] 次世代型「高温ガス炉」 国が開発推進 ◇2030年の実用化目指す 東京電力福島第1原発事故の教訓を受け、過酷事故のリスクが低い次世代の原子炉「高温ガス炉」が脚光を 浴 … 続きを読む

カテゴリー: 原子力発電 | コメントする