燃料電池」カテゴリーアーカイブ

技術戦略を体現、ホンダの将来占う新型「燃料電池車」

[日本経済新聞電子版2016年7月05日配信] ホンダ新型FCVの全貌(上) PDFファイルはこちら ホンダの量産型燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」(図1)。排ガスを出さない「ゼロエミッション」の環境性能 … 続きを読む

カテゴリー: その他, エネルギー, 燃料電池, | 技術戦略を体現、ホンダの将来占う新型「燃料電池車」 はコメントを受け付けていません。

[燃料電池車] ホンダ、2つの「極小化」で燃料電池車の普及加速

[日本経済新聞2015年11月16日配信] 水素で走る燃料電池車(FCV)。二酸化炭素(CO2)を出さない「究極のエコカー」だが、FCVの性能向上と商用の水素ステーションが普及の壁となっている。その解決に積極的に動き出し … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池, , 開発 | コメントする

[経産省] 25年めどに石炭ガス化燃料電池複合発電を開発

[日刊工業新聞電子版2015年7月07日配信] 官民協力で前倒し 経済産業省は次世代火力発電の有力技術である石炭ガス化燃料電池複合発電(IGFC)を、2025年ごろをめどに開発する。6日の「次世代火力発電の早期実現に向け … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 燃料電池, 金属 | コメントする

[燃料電池車] 燃料電池車の行く手阻む「意外な部材」の構造問題

[日本経済新聞電子版2015年1月06日配信] トヨタ自動車が燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を発売し、「水素社会」の扉を開いた。“エコカーの本命”として期待も大きいが、高圧水素タンクがクルマの設計やインフラ整備のボト … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池, | コメントする

[亜鉛空気電池] 日立造船、円筒型二次電池を開発-容量、リチウムの5倍

[日刊工業新聞電子版2014年12月22日配信] 日立造船は次世代二次電池として期待される「亜鉛空気電池」の円筒型二次電池を開発した。仕様や量産化技術の確立、耐久性の検証を進め、2016年度末までに製品化する。 同じ重量 … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池 | [亜鉛空気電池] 日立造船、円筒型二次電池を開発-容量、リチウムの5倍 はコメントを受け付けていません。

[太陽電池] 日本発の新型太陽電池「ペロブスカイト」夜明け前

[日刊工業新聞電子版2014年10月24日配信] 世界の研究者が注目 「ペロブスカイト」という結晶構造を持つ、日本発の新型太陽電池が世界の研究者から注目されている。開発からわずか5年でエネルギー変換効率が5倍に増え、現在 … 続きを読む

カテゴリー: 太陽光発電, 燃料電池 | コメントする

[電気・水素…次世代自動車] インフラ共倒れの不安

[日本経済新聞電子版2014年8月26日配信] 様々な技術シーズを探し、実用化に向けた研究開発を続け、その中で最も優れたものに絞り込んでいく。イ ノベーション国家として不可欠なプロセスだ。だが個別企業ならともかく、社会全 … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池, , 開発 | コメントする

[燃料電池] 九大、触媒向け白金使用量を10分の1にする技術開発

[日刊工業新聞電子版2014年9月08日配信] 九州大学大学院工学研究院の中嶋直敏教授、藤ヶ谷剛彦准教授らは、燃料電池の触媒に使う白金の使用量をこれまでの10分の1にできる技術を開発した。白金の粒径と基材の表面に固定する … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池 | コメントする

[リチウム電池] 京大とシャープ、寿命を6倍以上に延ばす新材料を開発

[日刊工業新聞電子版2014年8月04日配信] 京都大学大学院工学研究科の田中功教授と田中勝久教授、藤田晃司准教授、シャープ研究開発本部の西島主 明主任研究員らの研究グループは、リチウム電池の寿命を6倍以上に延ばす新材料 … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池 | コメントする

「究極のエコ」へ燃料電池車が挑む

[日本経済新聞電子版2014年8月01日配信] 水素で発電、走行距離長く CO2ゼロなお課題 ガソリンではなく水素を燃料に走る燃料電池車を、トヨタ自動車は2014年度中に市販する。ホンダも 15年、日産自動車は早ければ1 … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池, | コメントする