」カテゴリーアーカイブ

東大、道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功

[マイナビニュース2017年4月05日配信] 東京大学は、同大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授らの研究グループが、東洋電機製造、日本精工と共同で、道路からインホイールモータ(IWM)に直接、走行中給電できる「 … 続きを読む

カテゴリー: エネルギー, 技術, , 開発 | 東大、道路からインホイールモータへの走行中ワイヤレス給電に成功 はコメントを受け付けていません。

高効率・省資源・軽量化実現、30年「クルマの新材料」

[日本経済新聞電子版2017年3月03日配信] 2030年のクルマは電動化や自動運転で大きく変わる。しかし、変革はそれだけではない。 2020年代に実用化される材料の一世代先の材料が登場しているだろう。電池、モーター、イ … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, | 高効率・省資源・軽量化実現、30年「クルマの新材料」 はコメントを受け付けていません。

[ネオジム磁石] Dyを使わない新開発磁石をHEV、EV駆動モーターへ

[ネオマグ情報2016年10月19日] 本田技研工業と大同特殊鋼が、ジスプロシウム(Dy)を含有させないネオジム磁石を開発した。 この磁石を使って新しいモーター設計法により、ハイブリッド車(HEV)向け駆動モーターを世界 … 続きを読む

カテゴリー: その他, ネオジム, , 開発 | [ネオジム磁石] Dyを使わない新開発磁石をHEV、EV駆動モーターへ はコメントを受け付けていません。

[HVモーター]  ホンダ、生産能力3倍に 中大型車向け

[日本経済新聞電子版2016年8月23日配信] ホンダは10月までに浜松市の部品工場で、中大型車向けのハイブリッド車(HV)に搭載するモーターの生産を拡大する。2015年度のモーターの生産ラインは1本だったが、計3本に増 … 続きを読む

カテゴリー: ハイブリッド, 経済, , 開発 | [HVモーター]  ホンダ、生産能力3倍に 中大型車向け はコメントを受け付けていません。

[ネオジム磁石] ホンダ、大同特殊鋼 HV向けDyフリー磁石開発

[日本経済新聞電子版2016年7月16日配信] ホンダ、HV向け重希土類使わない磁石 大同特殊鋼と開発 ホンダと大同特殊鋼は12日、ハイブリッド車(HV)のモーター向けにレアアース(希土類)の一種、重希土類を使わない磁石 … 続きを読む

カテゴリー: ネオジム, 技術, , 開発 | [ネオジム磁石] ホンダ、大同特殊鋼 HV向けDyフリー磁石開発 はコメントを受け付けていません。

技術戦略を体現、ホンダの将来占う新型「燃料電池車」

[日本経済新聞電子版2016年7月05日配信] ホンダ新型FCVの全貌(上) PDFファイルはこちら ホンダの量産型燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」(図1)。排ガスを出さない「ゼロエミッション」の環境性能 … 続きを読む

カテゴリー: その他, エネルギー, 燃料電池, | 技術戦略を体現、ホンダの将来占う新型「燃料電池車」 はコメントを受け付けていません。

[EV] 既存の足回り構造生かせるインホイールモーター

[日刊工業新聞電子版2016年5月09日配信] NTNが小型EV向け開発 NTNが開発した既存小型車の足回りに対応できるインホイールモーターシステム NTNは小型電気自動車(EV)向けインホイールモーターシステムを開発し … 続きを読む

カテゴリー: その他, , 開発 | [EV] 既存の足回り構造生かせるインホイールモーター はコメントを受け付けていません。

[FCV] 30年に80万台普及目指す−政府、水素ステーション整備など

[日刊工業新聞電子版2016年3月16日配信] トヨタ「MIRAI」のタクシー 政府は現行の水素・燃料電池戦略を見直して、燃料電池自動車(FCV)について2030年に80万台の普及目標を設定する。国がFCVの普及目標を設 … 続きを読む

カテゴリー: 水素, , 開発 | [FCV] 30年に80万台普及目指す−政府、水素ステーション整備など はコメントを受け付けていません。

[EVモーター] 三菱自、EV用新型モーターで「岡山発」の技術結集

[日本経済新聞2016年2月15日配信] 三菱自動車は岡山県や地場部品会社などと新しい電気自動車(EV)を開発した。車輪の内部にモーターを設置した構造で、実用化すればEVの走行可能距離を延長する可能性がある。2009年に … 続きを読む

カテゴリー: 技術, , 開発 | [EVモーター] 三菱自、EV用新型モーターで「岡山発」の技術結集 はコメントを受け付けていません。

[航続400kmのEV] 性能2倍の次世代電池で実現へ

[日本経済新聞電子版2016年2月02日配信] 開発熱沸騰、ポストLiイオン(下) エネルギー密度の大幅向上を目指して開発が活発化している、“ポストLi(リチウム)イオン2次電池”。EV(電気自動車)など電動車両向けに向 … 続きを読む

カテゴリー: , 開発 | [航続400kmのEV] 性能2倍の次世代電池で実現へ はコメントを受け付けていません。