技術」カテゴリーアーカイブ

セルラー通信が起こす革新 – スマートメーターが真にスマートになるとき

[マイナビニュース2016年12月22日配信] <1> 広がるスマートメーターの活用 スマートメーターは、エネルギーの消費抑制とコスト削減を実現するために世界的に欠かせないツールとなってきています。国内外での傾向として、 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, 開発 | セルラー通信が起こす革新 – スマートメーターが真にスマートになるとき はコメントを受け付けていません。

「地上の太陽」 35年に本格稼働

[日本経済新聞電子版2016年12月30日配信] 国際熱核融合炉の新計画 安全・無限…新エネへ前進 太陽と同じ「核融合」と呼ばれる反応を地上で再現し、エネルギーを取り出す国際的な大型実験施設の建設が、軌道に乗り始めた。国 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, 開発 | 「地上の太陽」 35年に本格稼働 はコメントを受け付けていません。

東北大、スピントロニクス素子を使った人工知能の基本動作の実証に成功

[マイナビニュース2016年12月19日配信] 東北大学は12月19日、磁石材料から構成されるミクロなスピントロニクス素子を使った人工知能の基本動作の実証に成功したと発表した。 同成果は、東北大学電気通信研究所附属ナノ・ … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, 開発 | 東北大、スピントロニクス素子を使った人工知能の基本動作の実証に成功 はコメントを受け付けていません。

昨年度のCO2排出量、3.0%減で2年連続減−省エネ機器・設備が普及

[日刊工業新聞電子版2016年12月07日配信] 環境省が6日公表した2015年度の温室効果ガス排出量(速報値)は二酸化炭素(CO2)換算で前年度比3.0%減の13億2100万トンとなり、14年度に続き減少した。2年連続 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術 | 昨年度のCO2排出量、3.0%減で2年連続減−省エネ機器・設備が普及 はコメントを受け付けていません。

[高温超電導] フィーバーから30年、高温化は頭打ち状態続く

[産経ニュース2016年11月27日配信] 理論解明し突破口目指す 「超電導フィーバー」30年 高温で超電導を示す物質が次々に発見され、エネルギー革命につながると世界中が熱狂した「超電導フィーバー」から30年。しかし温度 … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 超電導, 開発 | [高温超電導] フィーバーから30年、高温化は頭打ち状態続く はコメントを受け付けていません。

NICT、自然界にある分子モジュールから人工的な生物分子モーターを創出

[マイナビニュース2016年11月16日配信] 情報通信研究機構(NICT)は11月15日、人為的な設計によって新たな生物分子モーターを創り出すことに成功したと発表した。 同成果は、NICT未来ICT研究所 古田健也主任 … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, 開発 | NICT、自然界にある分子モジュールから人工的な生物分子モーターを創出 はコメントを受け付けていません。

磁場を均一生成−九大が高温超電導コイルで実現、MRI応用に一歩

[日刊工業新聞電子版2016年10月19日配信] 高温超電導コイルの両側に試作した交流コイルを配置(九大提供) 九州大学超伝導システム科学研究センターの柁川一弘准教授らは、高温超電導の線材を巻いたコイルを使って、磁場を均 … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 超電導, 開発 | 磁場を均一生成−九大が高温超電導コイルで実現、MRI応用に一歩 はコメントを受け付けていません。

京大、回転対称性の破れを伴った「ネマティック」超伝導を発見

[日刊工業新聞電子版2016年10月14日配信] 京都大学(京大)は10月14日、液晶のような特定の向きに整列する新しい種類の超伝導「ネマティック超伝導」を発見したと発表した。 同成果は、京都大学大学院理学研究科米澤進吾 … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 超電導, 開発 | 京大、回転対称性の破れを伴った「ネマティック」超伝導を発見 はコメントを受け付けていません。

[透明な強磁性体] 開発に成功 電磁材料研や東北大など

[日本経済新聞電子版2016年9月30日配信] ナノグラニュラー膜の構造と、光透過および磁気光学応答のイメージ(図:JAEAのプレスリリースより) 電磁材料研究所と東北大学、日本原子力研究開発機構(JAEA)の研究グルー … 続きを読む

カテゴリー: その他, 技術, 開発 | [透明な強磁性体] 開発に成功 電磁材料研や東北大など はコメントを受け付けていません。

[磁性半導体] 革新の系譜・日本の科学技術力、スピントロニクスLSI

[日刊工業新聞電子版2016年9月23日配信] 見えてきた実用化−待機電力ゼロのMRAMがIoTの主役になる日 固体中の電子が持つ電荷とスピン(磁石の性質)の両方の性質を工学的に利用するスピントロニクス分野。世界中で活発 … 続きを読む

カテゴリー: その他, エネルギー, 技術, 開発 | [磁性半導体] 革新の系譜・日本の科学技術力、スピントロニクスLSI はコメントを受け付けていません。