月別アーカイブ: 2013年9月

[燃料電池車] 燃料電池車普及のカギを握る燃料「水素」 2つの課題

ハイブリッド車などに続くエコカーとして、燃料電池車への期待は高い。燃料として水素を用いる燃料電池車が本格的に普及するためには、水素の低価格化と、 水素の製造時に発生する二酸化炭素(CO2)の回収という2つの課題を解決する … 続きを読む

カテゴリー: 燃料電池, | コメントする

[レアアース] 用途幅広く(アジア ビジネス マップ)

[日本経済新聞電子版2013年9月02日配信] 中国に生産の9割集中 スマートフォンやハイブリッド車(HV)、発光ダイオード(LED)照明……。近年普及してきた製品をつくるのに欠かせないのが希少金属の一種、レアアー ス( … 続きを読む

カテゴリー: レアアース | コメントする

[レアアース輸入価格] 希土類磁石向けのレアアースが値上がり

[2013年9月18日ネオマグ・レアアース情報分析] レアアース全体の需要はまだ低調であるが、希土類磁石(主にネオジム磁石)向けのレアアース、ネオジム (Nd)、プラセオジム(Pr)、およびこれら混合物のジジム(Di)な … 続きを読む

カテゴリー: レアアース, レアメタル, 輸入価格 | コメントする

[パナソニック] 家庭用燃料電池を開発 ドイツ社と

[日本経済新聞電子版2013年9月10日配信] パナソニックは9日、独給湯器メーカー、フィスマングループと家庭用燃料電池を共同開発したと発表し た。2014年にドイツで販売するのを皮切りに、欧州主要国に投入する。パナソニ … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 開発 | コメントする

[レーザー核融合発電] 光産業創成大など、燃料連続投入に成功

[日刊工業新聞電子版2013年9月09日配信] 【浜松】光産業創成大学院大学光産業創成研究科の北川米喜教授らの研究グループは5日、トヨタ自動車や 浜松ホトニクスと共同で進める核融合発電の実用化に必要な繰り返し核融合の研究 … 続きを読む

カテゴリー: 核融合 | コメントする

[続:富士通] スパコン「京」で永久磁石をシミュレーションする技術

[Tech-On! 2013年9月05日掲載] 富士通は物質・材料研究機構と共同で、スーパーコンピューター「京」を利用して磁性材料の大規模な磁化 反転をシミュレーションする技術を開発した。磁化反転は文字通り、磁場や電流に … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする

[富士通] 磁石のレアアース不要に-スパコン「京」で解析、開発に活用

[日刊工業新聞電子版2013年9月05日配信] 富士通はスーパーコンピューター「京(けい)」を使った磁性材料の大規模シミュレーション技術を開発し た。磁性体のモデルを従来より10倍細かい400万のメッシュ領域に分割し、1 … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 開発 | コメントする

[海洋機構と理研] 海底の人工熱水利用した燃料電池型発電に成功

[日刊工業新聞電子版2013年9月04日配信] 海洋研究開発機構と理化学研究所の共同研究グループは3日、沖縄トラフの海底1000メートルに、人工 的に作られた熱水を利用した燃料電池型発電に成功したと発表した。燃料となる熱 … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする