[ネオジム磁石発明への道] 佐川真人氏(10)


[日本経済新聞電子版2016年12月21日配信]
磁石原料レアアース、中国の供給リスクにらみ新製法
仕事人秘録 大同特殊鋼顧問・佐川真人氏
サラリーマン時代に電気自動車(EV)や風力発電などの普及に貢献する最強の磁石「ネオジム磁石」を発明した佐川真人氏(73)の「仕事人秘録」。ネオジム磁石の生産コストや磁気特性を改良する研究はいまも続いています。
1988年にインターメタリックス(IM、京都市)を設立、世界を飛び回った(前回「ネオジム磁石発明の手柄に葛藤 5年半で会社に別れ」参照)。
主要な業務は、ネオジム磁石の発展をテーマに磁石製造会社やレアアース原料メーカーの研究開発を指導することでした。既存のノウハウなど住友特殊金属の秘密情報を漏らさないことを条件に、住友特殊金属の許可もとって、フランスの磁石製造大手ユジマグなど複数の会社と契約しました。しかし、思うような成果は得られませんでした。
転機は2000年。堀場製作所創業者の堀場雅夫氏らベンチャー経営の先輩らが優れた事業を支援する「京都市ベンチャー企業目利き委員会」に私の研究が選ばれたのです。テーマはジスプロシウム(「世界最強ネオジム磁石、旧住友特殊金属で実現・量産」参照)がなくても耐熱性が高いネオジム磁石の開発です。ジスプロシウムは中国の一地域に偏在しているため、資源供給リスクを当時から意識していました。中小企業基盤整備機構が運営する京大桂ベンチャープラザ(京都市)に02年に入居し、研究に専念しました。
研究の結果、「プレス・レス・プロセス(PLP法)」という、磁石の製造工程からプレス工程を省く新製法を工業化しました。磁石はプレス機でつくると磁石のブロックをつくった後に切り分ける作業が発生します。その時に切りくずが出るのですが、最初から目的の形の磁石をつくれば無駄をなくせます。しかもプレス機で圧縮する際に酸素などの不純物も混入しなくなり磁気特性も向上しました。
PLP法の長所は従来のプレス法と異なり、どんなに微細な粉末でも成型して磁石をつくれることです。磁石の粒径が小さくなると保磁力が上がるのですが、粒径を小さくするほど耐熱性が上がりジスプロシウムの使用量が減ります。この考えは昔から知られていましたが、PLP法により工業化の道が開けました。
10年秋に発生した尖閣諸島問題を端緒に中国がジスプロシウムの輸出を停止したことで、脱ジスプロシウムの磁石開発が加速する。
image001
インターメタリックス時代から研究拠点にしている京大桂ベンチャープラザ
PLP法をはじめとした技術にも三菱商事、大同特殊鋼、米モリコープの3社が出資し、磁石製造会社のインターメタリックス・ジャパン(IMJ、岐阜県中津川市)を設立。13年からPLP法によるネオジム磁石の量産を始めました。研究が実を結んだのを機に私は「ネオジム+鉄+ボロン」にちなんだNDFEBという名のベンチャー企業を設立し、京大桂ベンチャープラザで研究を続けています。
今はIMとIMJはともに大同特殊鋼の全額出資になり、私は今年10月に顧問に迎えられました。世界一の磁石メーカーへの階段を上ろうとする大同特殊鋼をこれからも応援したいと思っています。
私自身はNDFEBで生産コストや磁気特性など全てに優れた製法を開発中です。電気自動車や産業ロボットなどの駆動モーターに使うネオジム磁石の生産は年10万トンを超え、年10%のペースで増えています。全ての生産を私の製法に塗りかえるのが夢です。
(安原和枝)
[日経産業新聞2016年12月21日付]
Category: その他, ネオジム. Bookmark the permalink.