希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

よくあるご質問一覧(Q&A) 『技術に関して』
Q : 鉄板が磁石に対して小さい場合、吸着力は鉄板の面積とどのような関係になるのでしょうか? 例えば磁石Φ10-鉄板Φ10、磁石Φ10-鉄板Φ8の場合はどのような吸着力の比になるのでしょうか?
 
A : 磁石対鉄板の場合は、鉄板が磁気飽和しない場合は磁石の面積以上の大きさがあれば、すべて同じ吸着力とお考えください。磁石と鉄板の距離がゼロの吸着力は、鉄板が磁石より小さい場合は、磁石の面積と鉄板の面積の比となります。したがって、ご質問の例では、吸着力の減少比Dは、(8/2)^2π/(10/2)^2π=16/25 = D となります。 
距離がゼロでない場合は、はみ出した磁石面からの吸引力もありますから、厳密に考えれば面積の比より若干小さな差異になると思います。したがって、ご質問の例では、吸着力の減少比Dは、 16/25≦D となり、距離ゼロの場合より小さくなります。
ただし、磁石対磁石の場合は、若干複雑で簡単にはゆきません。
 
製品カタログ
製品安全データシート
ネオジム磁石製品情報
サマコバ磁石製品情報
フェライト磁石製品情報
減磁曲線集
お問い合わせ先 メールアドレス