希土類磁石(ネオジム(ネオジウム)磁石、サマコバ磁石)、フェライト磁石、アルニコ磁石、など磁石マグネット製品の特注製作・在庫販売

  • ネオジム磁石

    ネオジム磁石
    製品情報

    現在、世界で最も強力な磁石です。わずか数cmの大きさで、10kg以上の吸着力!アイデア製品、新製品開発に最適です。

  • サマコバ磁石

    サマコバ磁石
    製品情報

    温度特性に優れているため温度安定性が要求される用途に適しています。防錆のための表面処理は不要です。

  • フェライト磁石

    フェライト磁石
    製品情報

    酸化鉄を主原料にしているため、低コストが重視される用途に向いています。錆の心配はありません。

  • 表面磁束密度吸着力計算

    表面磁束密度
    吸着力計算

    ご希望の磁石の表面磁束密度、吸着力、限界使用温度などを計算いたします。径方向着磁にも対応いたしました。

  • 磁石・磁気の用語辞典

    磁石・磁気の
    用語辞典

    磁石・磁気に関する用語解説集。専門書にも負けない豊富な内容で、初心者からプロまで幅広くご利用いただけます。

  • 磁石の歴史

    磁石の歴史

    大昔の磁石、磁気科学の歴史、強力な磁石が出現した背景など多くの図表を使って解説しています。

製品カタログ
製品安全データシート
減磁曲線集
NeoMag通信バックナンバー
各種磁石の比較と選び方
お問い合わせ先 メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【特別企画】
2015年2月配信
エネルギー資源の現状と将来(11)<非在来型化石燃料(4)-その2>
(4-4) 化石燃料資源としてのオイルシェール
シェール革命として有名になったシェールガスやシェールオイルは、地下にある頁岩(けつがん)(シェール)と呼ばれる泥岩の中に含まれている天然ガスや原油のことでした。前回でもお話をしましたが、オイルシェールは、シェールとオイルの2つの単語をひっくり返しただけなのですが、意味は全く異なります。オイルシェールは、油母頁岩とも呼ばれる、石油・天然ガスに分解する前のケロジェン(固体高分子有機物)を多く含む泥岩を言います。ケロジェンから石油・天然ガスが生成されるには長い年月をかけて地中深い場所で熱作用を受ける必要がありますが、それが十分でないとケロジェンの状態で残ります。すなわちオイルシェールは未成熟な原油資源ということができます。
十分な量のケロジェンを含むオイルシェールの製油には乾留という化学工学的な手法が用いられます。乾留とは450℃から500℃の炉の中で固体有機物を無酸素状態で熱することを言い、ケロジェンが熱分解を起こして油分が蒸発して出てきます。これを冷却して集めたものが粗油です。
オイルシェールの一部は露天掘りが可能ですが、こうした露天掘りによるオイルシェール製油はコストがかかるため、1900年後半に従来型の石油が安い費用で大量生産されるようになるとほとんどが停止しました。
しかしここ数年来の原油価格の高騰によって再び見直しが始まりました。例えば世界最大の埋蔵量が残存すると考えられている米国では、シェル社がコロラド州の地下300メートル以深にあるオイルシェールを対象にICP(In-situ Conversion Process)法と呼ばれる一種の電気加熱法で地層内回収の実験を継続しています。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook